再建築不可について学ぼう

愛着のある家でも、売却となると色々煩雑な手続きをしなければなりません。
まして、再建築不可の物件の買取については、一般的な不動産の処理に比べて障害がたくさんあります。
同じ大きさの家が再び建てられない、そもそも家の立て直しができないという物件を何とかしてお金に換えるためには、業者選びも検討すべき重要なポイントとなります。
様々な提案をしてくれる地元の信用がある業者さんを探した方が良いでしょう。
そのためのポイントをお話しします。

再建築不可物件物件の買取をしてくれる業者の選び方

再建築不可物件物件の買取をしてくれる業者の選び方 テレビや雑誌の宣伝ではどんな物件でもすぐに売却できるようなコピーが見受けられますが、あくまでそれは一般的な物件の場合の説明です。
再建築不可物件は普通の業者ではなかなか取り扱いが困難です。
逆の立場になってみれば、自分が担保価値の少ない物件を是非に欲しいとは思わないはずです。
そこで、買取の業者を選ぶ際には、その地域に広いネットワークを持っている業者を探すべきです。
選び方としては、賃貸物件やアパート管理の業務も請け負う業者をお勧めします。
再建築不可物件はすぐに売却ができないケースも多数見受けられるため、業者さんが自分でリフォームを行ったり、売却が遅れる場合には業者自ら買い取って貸し出す方策も取れることが望ましいからです。
大手に限定せず、そうした地元の不動産業者を探されるのが良いでしょう。

再建築不可物件を専門に買取する業者もある

再建築不可物件を専門に買取する業者もある 相続等で再建築不可物件を入手した場合、新たに建て直すことはできませんし、リフォームはできても非常に高額です。
物件を所持しているだけでも課税されてしまうため、そのまま寝かせておくことはできず、どのように対処したら良いのか困ってしまいます。
買取をしてもらうにしてもなかなか買い手が付かないと言われていますので、実際に再建築不可物件が手に入っても困ってしまう人が多いようです。
探してみると、再建築不可物件を専門に買取しているような業者もあります。
具体的に業者を知っているのでなければ一括査定ができるサイトを利用するのもお勧めです。
一般的に選ばれている会社の特徴として、どのような物件でも買い取ってくれることを明確にしていたり、即金にも対応していることが多いようです。
価格までこだわりたい時には、仲介業者を利用せずに自社で全てのステップを実践しているところが良いので、まずはどのような手順で売っているのかを確認しましょう。
無料の査定依頼をしてみるのも良い方法です。
査定に来てくれる時に出張費がかかることがあるため、全てが無料で来てくれるわけではありませんが、再建築不可物件を得意としている所は無料のケースが少なくありません。

再建築不可物件を購入する場合のコツと大切なポイント

新たに家を建てられない再建築不可物件には、様々なメリットがあります。 建築申請が不要なリフォームを行えば、古くなった既存の家でも快適に暮らせます。 再建築不可物件は価格が安くて課税評価額も低い点もメリットで、隣地の所有者が買えば敷地を広げられます。 再建築不可物件を購入したい場合は、大切なポイントとコツがあります。 ガスや電気、水道の状況に加えて日当たりや風通しも調査します。 風通しや日当たりが悪い物件だと外壁が濡れても乾きにくいので、メンテナンスの費用が高くなりやすいです。 専門家と一緒に物件を調べると、素人だと見逃す点も丁寧に調べられます。 再建築不可物件を取り扱った経験を持つ専門家や施工会社なら、トラブルが発生した場合でも対処してくれます。 メリットがある一方で、倒壊すると住めなくなるリスクもあります。 地質を調査できない物件もあり、住宅ローンは組めないです。 購入したい物件がある場合は、専門家と一緒に慎重に検討してから購入します。

再建築不可物件は固定資産税が安く済むのがメリット

再建築不可物件は、現在は建物が建っているが、それを取り壊して更地にすると再び建物を建てることが認められない不動産物件のことをいいます。認められない理由はいくつかありますが、建築後に法令が改定された結果、防犯や防火などに関わる規定を満たせなくなってしまったというケースが一般的です。 ただ、現在の建物をすぐに取り壊したりする必要はなく、そのまま使用することは可能です。そのため売買の対象になることもありますが、性質上一般的な物件より価格が割安になることが多いため、低コストで住宅等を手に入れることができるとして一定の人気があります。 購入価格が安いことのほかにも、再建築不可物件にはメリットがあります。それは、固定資産税も割安になりがちだということです。固定資産税の評価額は土地が変形であったり道路に接していなかったりといった何らかの瑕疵があると低めに設定されますが、再建築不可物件にはこれに該当するケースが多いのです。さらに、再建築ができないということは当然建物も古くなりますが、税額は築年数に応じて低くなります。

再建築不可住宅を売却する際に知っておくべき相場の計算

再建築不可の物件に住んでいる方は、後に売却をしたいと希望することは良くあることです。戸建て住宅を別の場所に建てて自由度の高い生活を送ったり、マンションを購入して便利な環境で生活を送りたい方も該当しています。再建築不可物件は建て替えを行うことができないものなので、屋内側のリフォーム程度しか手を加えることができません。このことで普通の不動産会社に売却を依頼してもお断りされてしまうことは多く、所有者にとっては悩みの種になるのではないでしょうか。この問題はネット上で探せば再建築不可物件の買取りを積極的に行っている不動産会社があるので、売却すること自体は不可能ではありません。ただし相場に関しては同じような物件と比較をした場合、50%から70%程度の価格になることが多いので、この点については仕方がありません。例えば築年数が100年を超えている物件と仮定した場合、再建築不可ではない物件で600万円と価値が付けられている場合は、300万円から400万円程度で売却できると計算できます。

再建築不可の物件の用途の事例や快適に暮らす情報

道路に対して2メートル以下の住宅の場合は、再建築不可の物件に該当しており、購入後に解体をして新しく建て替えなどは行えないことが前提です。敢えて再建築不可物件を購入する方もいますが、その用途は購入者の希望に合わせることは可能です。普通に居住用としての使い道と隠れ家的な存在のお店を営業する方法、稽古事を行っている方は稽古場にする方法も自由です。別荘として利用する方法もあり、静かな環境で落ち着きのある和風住宅の場合では、意外と向いている可能性は否定できません。再建築不可物件の場合、主要となる構造物に対して2分の1までしか改築することはできない決まりごとがありますが、リフォームに関しては割と自由に行うことは可能です。例えば古い時代に建てられた旧家の場合は水回りの設備が使えない可能性はあります。この場合、ユニットバスを設置したりキッチンを交換したり、トイレを最新型へとリフォームする方法であれば問題にはならずに快適な生活を送ることができます。

再建築不可物件の購入なら取得費用を抑えられる

既存の建物を建て直すことができない、更地であっても新しい建物を建てることができないなど多くの制約があるために、再建築不可物件は手が出しにくいと考えている人が大勢います。しかし、不動産の取得費用をできるだけ抑えたいと考えている人は、一般の不動産よりも再建築不可物件の購入に向いていると言えるでしょう。例えば、再建築不可物件は一般的な不動産と比べて買い手がつきにくい傾向にあるため、同じような築年数や規模の物件よりも安い価格で購入できる可能性が高いのです。また比較的良い状態に保たれている不動産もあるため、上手に探し出せば長く快適に住み続けられる物件をお得な値段で購入することさえできます。加えて、再建築不可物件を購入することによって取得費用を抑えるなら、リノベーションやリフォームに必要な費用を捻出しやすくなります。こうして、制約の範囲内で自分の好みに合ったオリジナリティあふれる家にすることもできるのです。

再建築不可物件にはデメリットを感じさせない使い道もある

不動産の物件広告を見ていると、時折「再建築不可」と書かれているものを目にすることがあります。こうした物件は、相場に比べると価格が割安なのが一般的です。
ここでいう「再建築不可」とは、現在建っている建物を撤去した場合、その場所には再び建物を建てることができないという意味です。つまり、いったん更地にしてしまうと二度と戸建て住宅やアパートなどを建てることはできなくなります。こうした制限が設けられているがゆえに、売出価格が通常よりも安めに設定されているのです。
一般の物件よりは使い勝手が悪いものの、割安感があることから再建築不可物件には根強い人気があります。すでに建っている住宅等をそのまま使い続ける分には問題ないため、リタイアしたシニア世代の住み替え需要などを満たすのに適しています。
また、収益物件としての使い道もあります。リフォームしたうえで貸し出せば、通常の物件よりも初期投資を抑えながら家賃収入を得るチャンスが生まれます。

再建築不可の物件もあるので法律を確認しておく

不動産物件の中には、再建築不可とされているものもありますのでしっかりと法律を確認しておく必要があります。再建築不可とは、現に今その場に建っている物件自体は別に違法建築でも何でもなく、そこに住むことも問題ありません。しかし古くなって老朽化しているなどの理由のいかんにかかわらず、一旦取り壊したが最後その土地にはもう新しい建物を建てることが認められないものを指します。
自分の土地にどのような建物を建てるかは自分の自由ではないのかというか、既に建っているのだからそれと同じような新築物件を建造することに何の問題があるのかといわれるかもしれませんが、このような土地や物件は全国的にいくらでも存在します。簡単に言えば、広い道路にしっかりと面していない、他人の土地に半ば囲まれたようなところで、万が一の火災などの際に消防活動に支障を来たすと考えられるような物件で、このように再建築不可とされていたりしますので、注意が必要です。

再建築不可物件の探し方にはいろいろな方法がある

再建築不可物件とは、土地利用の状況が現行の法律が定める基準に合致していないため、すでに建っている住宅等を利用し続けることはできるものの、それを取り壊して再建築することはできないという物件です。いったん更地にしたら利用できなくなるという制限があることから資産価値は低いですが、今ある住宅をリフォームするなどして住むことはできるため、「格安物件」として根強い人気があります。
再建築不可物件は、一般の不動産情報サイトなどでも見つけることができます。いわゆる「フリーワード検索」ができるサイトであれば探し方はそれほど難しくなく、「再建築不可」というキーワードを入力して検索すれば、該当する物件が表示されます。このような機能がないサイトでは、「物件の特徴」あるいは「物件の詳細」といった情報欄を個別にチェックすれば、その旨の記載が見つかります。
不動産会社の中には、再建築不可物件を専門に扱っているところも存在します。こうした会社に直接問い合わせれば、希望条件に合った物件を紹介してくれる可能性があります。

再建築不可物件の購入時にありがちなトラブルとは

再建築不可物件とは、法律上の条件に適合しないために建物を再建築することができない不動産物件のことをいいます。つまり、いったん更地にして家を新築することは不可能だということになります。しかしすでに建っている家はそのまま使用できるため、割安価格でマイホームが手に入れられるとして不動産市場では人気があります。
ただ、再建築不可物件は利用上の制限が設けられているため、実際に住み始めてからさまざまなトラブルに遭遇することもあります。物件を探す時は、現地をつぶさに調査するなどして、状況を正確に把握したうえで購入するかどうかを判断することが大事です。
再建築不可物件にまつわるトラブルで多いのが、建物の状態が想定以上に悪かったというものです。建て替えができない以上、住宅を良好な状態に保つにはリフォームするしかありませんが、シロアリの被害などによって修繕では対応しきれないぐらい状態が悪いと、住むことができなくなってしまいます。そのため、専門家にインスペクションを依頼するなどして、コンディションを細かくチェックする必要があります。

住宅が再建築不可となる条件は全国一律の取扱いだが例外もある

再建築不可物件とは、その名の通り再建築ができない不動産物件のことをいいます。たとえば住宅の場合であれば、すでにその地に建っている家に住み続けることはできますが、いったん更地にしてしまうと再建築ができない状況を解消しない限りは再び家を建てることができなくなってしまいます。
再建築ができない理由は物件ごとにさまざまですが、最も多いのは接道義務を満たしていないというものです。これは防火や防災の必要上から一定の幅を持った道路に接していない土地には建物を建てられないというルールで、国の法律である建築基準法に定めがあるため、このルールに抵触する時は全国どこでも再建築不可となります。
一方、例外的に地域独自の規定に基づいて再建築ができないケースもあります。代表的なのは通称「崖条例」に抵触する場合です。これは、建物を建てる時は安全上の理由から崖から一定の距離を置かなければならないというもので、各自治体が条例によって独自の基準を設けています。

もっと再建築不可物件を知りたい

再建築不可 買取

新着情報

◎2023/1/4

情報を追加しました。


>再建築不可物件にはデメリットを感じさせない使い道もある
>再建築不可の物件もあるので法律を確認しておく
>再建築不可物件の探し方にはいろいろな方法がある
>再建築不可物件の購入時にありがちなトラブルとは
>住宅が再建築不可となる条件は全国一律の取扱いだが例外もある

◎2022/3/17

情報を更新しました。
>再建築不可物件を購入する場合のコツと大切なポイント
>再建築不可物件は固定資産税が安く済むのがメリット
>再建築不可住宅を売却する際に知っておくべき相場の計算
>再建築不可の物件の用途の事例や快適に暮らす情報
>再建築不可物件の購入なら取得費用を抑えられる

◎2020/8/24

再建築不可な土地とは
の情報を更新しました。

◎2020/7/14

更地にできない再建築不可物件
の情報を更新しました。

◎2020/5/15

法律の改正による再建築不可
の情報を更新しました。

◎2020/2/18

再建築不可物件の資産価値
の情報を更新しました。

◎2019/12/17

再建築不可物件に買い手はつくの?
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「建築 買取」
に関連するツイート
Twitter

返信先:原子力規制委員会とセットで後方支援させたし、メガソーラーの建築建築法に引っかからないように整備させたし、買取価格も破格だったので、半端ねえ利権っすよね…。

未経験者歓迎!≪建築施工管理≫買取再販リノベーション事業★大阪なんば本店★関西買取件数トップ! @ 株式会社なにわ工務店 大阪なんば本店

資格保有者限定!!『建築施工管理』責任者募集!月収40~80万円以上可能★関西買取件数トップ!近畿圏8店舗拡大中! @ 株式会社なにわ工務店本店

プロポ結果情報: 高知県 文化施設 司牡丹酒造(株)焼酎蔵買取・整備事業 耐震補強基本計画及び活用計画策定 有限会社艸建築工房・上川設計企業体

資格保有者限定!!『建築施工管理』責任者募集!月収40~80万円以上可能★関西買取件数トップ!近畿圏8店舗拡大中! @ 株式会社なにわ工務店本店 …